Home > 4|弁慶伝説

4|弁慶伝説

弁慶ゆかりの地~和歌山県田辺市

今から800年余り前、武蔵坊弁慶は熊野水軍200余艘・2000余りの兵と共に田辺の牟婁の津より壇ノ浦に向けて出陣し、見事平家を打ち倒しました。
今でも弁慶は、紀伊田辺駅前の弁慶像に姿を変え、産まれ故郷の行く末を鋭い眼差しで見守っています。

ここ田辺市は、弁慶生誕の地ということもあり、ゆかりの場所や品が数多く存在します。田辺市にお越しの際には、弁慶めぐりをされてみてはどうでしょうか。

 

 

 


闘鶏神社允恭(いんぎょう)天皇8年(410)の創建。
古くは新熊野鷄合大権現(いまくまのとりあわせだいごんげん)と呼ばれていたものが明治維新の折、闘鶏神社と改められました。

闘けい神社は、壇ノ浦合戦で源氏を勝利に導いた熊野水軍の伝説が今に伝わる神社です。名の由来は、源氏と平氏の双方より熊野水軍の援軍を要請された武蔵坊弁慶の父である熊野別当湛増(たんぞう)が、どちらに味方をするかの神意を確認するため、神社本殿の前で赤を平氏、白を源氏に見立てた紅白7羽の鶏を闘わせたことによるものです。境内の一角にはその様子を再現した湛増と弁慶像があります。
そのほかにも、神社の社務所には源義経が奉納したといわれている笛(銘白竜)、弁慶産湯の釜、弁慶の父湛増が使ったとされている鉄烏帽子や鉄扇等の宝物が展示されています。

 

 

 弁慶の腰掛石は、闘鶏神社から歩いて10分程の所にある、田辺第一小学校近くの路地脇に、八坂神社なる小さなお社が祀られています。
そこにあるのが「弁慶の腰掛石」。弁慶が少年時代この石に座っていたと言われており、お尻の形の窪みができています。

 

 

 扇ヶ浜公園内の噴水のすぐ近くに、熊野水軍出陣の地碑が建てられています。
この碑は、熊野水軍二百余艘、二千余の兵を引き連れて、弁慶の父である熊野別当湛増が、文治元年(西暦1185年)扇ヶ浜から
壇ノ浦に向けて出陣した史実を後世に残すため、昭和47年10月に建立されたものです。

 

 

 

 

 

 田辺市役所駐車場入り口の庭園に、武蔵坊弁慶にちなんだ「六代目弁慶松」が植えられています。
弁慶松の記録は、今から四百年あまり前の天正十八年(一五九〇)から残っています。
現在の弁慶松の親に当たる五代目弁慶松が、田辺の偉人南方熊楠と同じ時代を生きていました。

弁慶松のすぐそばには、弁慶の産湯を汲んだとされる弁慶産湯の井戸が残されています。

 

 

 県文化財に指定されており、指定書によれば鎌倉期とされています。
像は全体に煤黒く、胸にようらくをかけ、右手に蓮花を持ち、左手に施無畏(せむい)印を結んだ坐像で、像高約1メートル、肩幅約55センチメートルの像です。
弁慶の父親である熊野別当湛増が源平合戦の時、壇ノ浦の決戦にこの像を軍船に安置して戦勝を博したと伝えられています。

 

 

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

弁慶ゆかりの地~滋賀県竜王町

竜王町で戦う弁慶と湛増 

義経は源氏の総領である源義朝の九男として産まれ、幼名を牛若丸、少年時代を過ごした京の鞍馬寺では遮那王と名乗っていました。
承安(じょうあん)4年3月3日(1174)武蔵坊弁慶ら数名の家来を引き連れて、遥か奥州の地へと旅立って行きました。
その道中、ここ竜王町「鏡の里」にて烏帽子を着け、ただひとりで元服したと言われています。
今もこの地には「元服池」や、元服の時に使った盥(たらい)の底、烏帽子を掛けたとされる「烏帽子掛松」などが残っています。

 

元服池に集結する熊野水軍鞍馬を抜け出した牛若丸は近江の「鏡の宿」(現在の滋賀県竜王町鏡)に入り、稚児姿で見つかりやすいのを避けるために元服することを決意します。
鏡神社より西側へ約130mのところに池があり、そばに石碑が建っています。これが義経の「元服池」とよばれている池で、義経はこの池の水を元服の時に使ったといわれています。

 

 

白木屋跡に座る弁慶鞍馬寺より奥州下向の途中、近江の「鏡の宿」(滋賀県竜王町)に着いた牛若丸一行は、当時の宿駅の長であった澤弥伝(さわやでん)の「白木屋」の旅籠に泊まりました。現在は畑地となっており、中央に石碑が建てられています。

 

 

鏡神社源義経が元服のおり参拝したと伝えられる神社です。
参道には義経が参拝したときに松の枝に鳥帽子をかけたとされる鳥帽子掛けの松があります。

 

 

 

義経が元服する時に使ったといわれるたらいの底板が現在も鏡神社に残っています。
白木屋の沢弥傳(さわやでん)家が代々家宝として残してきましたが、昭和5年に家系が絶え、現在は鏡神社で保管されています。

鏡神社石段の手前に「弁慶の筵石(むしろいし)」と呼ばれる平たく筵状に模様の入った石があります。弁慶はこの石の上に筵敷いて座り、主(義経)の帰りを待っていたと伝えられています。

>>滋賀県竜王町観光協会ホームページ「鏡の宿 義経元服ものがたり」に、さらに詳しい情報が掲載されています。

 

※ウィキペディア「武蔵坊弁慶」2014年10月20日 (月) 05:52 (UTC) の、「闘鶏神社」「弁慶松」「弁慶の産湯」「弁慶の腰掛石」「熊野水軍出陣の地碑」「弁慶の筵石」の谷本悟士による加筆は、このWebページの作成者によるものです。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

Index of all entries

Home > 4|弁慶伝説

Feeds
Links

Return to page top